弥太郎山(1392m)

台風の狭間で青空が広がった今日は出遅れだ。
3度目だが安近短の山に向かう。

8号鉄塔から弥太郎山
 2016年08月21日のお山めぐりは塩原の弥太郎山です。

 土平園地下の駐車場には先行車一台、たぶんキノコ採りだろう。山支度をして10時02分に出発するが、最初から送電線巡視路のジグザグ登りだ。
 左上への9号鉄塔分岐は直進、鉄塔敷は帰りに寄ることにした。尾根の右をゆっくり登る巡視路両脇の笹は枯れ、支尾根に出て再び左上への鉄塔分岐を直進する。

 登山道沿いに見慣れぬ親指ほどのキノコのようなもの、後で調べたらミヤマツチトリモチという植物らしかった。見覚えの鉄管の橋を渡り、次の分岐で右上の鉄塔敷から、弥太郎山と反対側の景色をデジカメに収めた。

  
 9号鉄塔分岐2       8号鉄塔から
  

 分岐に戻って弥太郎山へ続く道は緩い下りになり、左下から沢(滝?)音が聞こえ、左に曲る地点から登りに転じる。樋状の斜面手前で右に方向変換、ここからはジグザグ登りになった。

 右上に鉄塔敷を見て、左上に笹を分ける弥太郎山への登りに入る。ほんの少しの登りで名板2枚と三角点標石の待つ山頂だった。

  
  弥太郎山の山頂    名板2枚      7号鉄塔敷
   

 帰路は往路を戻り、途中で9号鉄塔でひと休みでデジカメに展望を収めた。

 駐車場(0:24)9号鉄塔分岐(0:07)9号鉄塔分岐2(0:11)8号鉄塔分岐(0:32)弥太郎山(0:23)8号鉄塔分岐(0:11)9号鉄塔分岐2(0:10)9号鉄塔分岐(0:13)駐車場

 所要時間 2時間32分
 歩行時間 2時間11分

 参考 国土地理院電子地形図「」

      GPS軌跡図(カシミール3D使用)
 
 「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。(承認番号 平27情複、第236号)」

 一度目は2002年04月27日のアカヤシオ咲く時期、二度目は2009年10月18日の紅葉時、今回は夏だがよく考えれば7年ごとだ。残りは積雪期か?まあ7年後は遠慮したい年だわなあ。

   前のページへ      ホーム        次のページへ