大作山(560m)
ひめさゆりの丘から大作山


 前回5月28日の山行きで翌日痛みが出た足裏、しばらく様子見してヒメサユリ目当てのライトハイキングに行ってみた。



 2016年06月4日のお山めぐりは福島県の大作山です。

 未明に出発し東北自動車道を北上し福島県は飯坂温泉、その北西側にそびえる大作山に向かう。ナビの案内は穴原温泉の奥だが、登山口は川を挟んだ対岸だった。

 仕切り直しで細い山道の登り、ナビは2回目もマイナールートで、十数分余計にかかってお目当てのひめさゆりの丘近くの広大な駐車場から出発、まずはひめさゆりの丘散策、十数本の小ぶりなヒメサユリを目とデジカメに収める。

 11時09分に駐車場から再スタート、舗装路を右へ進んですぐに左上に登る石段付きの登山道へ入る。道は最初左へ巻いて登り、途中から右へ進む。北東尾根を回り込んで尾根をジグザグ登りになる。山頂が近くなって直登になってふと足元を見るとヒメハギのような葉茎、よく見れば小さ目の紫色の花が咲いていた。

 デジカメと格闘(笑)10分、再々スタートから4分で平らな山頂には東屋、展望台と間違えた立ち入り禁止の水道施設?、そして三角点の背後には首を垂れたアザミ、黄色のニガナ、わらびが群れていた。

 心地良い風に当たり、東屋でまったりランチ、おっと大きなスズメバチが終わりかけたタニウツギの花の周りを飛んでいた。今の時期なら巣場所探しの女王バチか、静かにやり過ごす。

 撤収して、左の展望地脇を下ることにした。こちらは山道ならぬ作業道だった。相変わらず花はアザミとニガナのみ、丁字路に出て左の展望台方面は倒木がそのまま放置されていたので、右の「つつじが丘」方面を選んだ。

 終点近くになって作業道と登山道の十字路から左下の「つつじが丘」に寄る。東屋前からは吾妻山隗のパノラマをデジカメに収めた。

 その下の幅広林道に出て左のひめさゆりの丘方面へ向かう。途中で左上に登る作業道は行きそびれた展望地へのものだろう。往路の舗装路に出る直前で右に展望が広がる。おあとは丁字路を左上へ少々登り返しで駐車場到着だった。

浄水場から大作山
ひめさゆりの丘
ヒメサユリ
途中から右上へ
山頂の板
直下から福島市街
展望地脇の作業道を
つつじが丘から
駐車場へ
案内板と歩行ルート(赤線)
 地図忘れ&GPS忘れでした。お粗末・・・。

 記念広場駐車場(0:17)ひめさゆりの丘(0:10)記念広場駐車場(0:49)山頂(0:17)丁字路(0:07)つつじが丘(0:26)記念広場駐車場

 所要時間 2時間51分
 歩行時間 2時間 6分

 参考 国土地理院電子地形図「中茂庭」
     福島登高会さんのHPから「大作山」

 そろそろヒメサユリの季節だ。近間の南会津町か喜多方のヒメサユリか迷ってしまう。ところが未踏の山ファイルの中に見つけた「ひめさゆりの丘」の文字、やっぱり未踏の山だよねえ。こちらのヒメサユリは自生地模様で花付きの悪い小さめの葉茎だった。

   前のページ      2016年の山       次のページ

                トップページへ