長倉山

      長倉山(370m)三角山(480m級)

    ① 2017.05.02 編

       ② 2016.04.29

 長倉山も三角山も古賀志山塊の地形図無名峰ですが、ちょっとしたランチハイクや花追いで時々歩いている。


       ① 2017.05.02 編

 ゴールデンウイークは近くのお山になる。今日は遅いかもしれないが、ヒメイワカガミを見に行ってみることにした。

 2017年05月02日のお山めぐりは古賀志のお山歩です。

 赤川ダム下駐車場から10時29分に出発、去年と異なり右上の北登山道に入る。登山道は明瞭でよく踏まれている。長倉山までは2人とスライド、相変わらずヒトケは少ない。

 長倉山は11時15分の通過、峠に下って鞍掛林道を横断し北上した伐採小ピークで昼食休憩にした。①では左の舗装路に下ってから三角山だったが、今年は北尾根に登り返して北から三角山に向かう。

    展望尾根から雨乞山      ヤマツツジ
   

 北尾根も3名とスライドしたのみ、今日の満杯に近い駐車場からのハイカーはほとんど古賀志山か559mピークなのだろう。

 三角山ではヒメイワカガミが待っていてくれた。やっぱり今年は4~5日は遅れているようだ。

     ヒメイワカガミ       お縄場を見上げて
  

 帰路は北東に急斜面・岩場のある尾根を下る。去年の逆を下り、舗装路へ出てから右折、細野林道の石祠分岐を左折し駐車場へ下る。

 所要時間は4時間26分(歩行3時間40分)、展望と花探索のノンビリ尾根歩きでした。

       GPS軌跡図(カシミール3D使用)
  
 「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。(承認番号 平27情複、第236号)」

  2017.04.28へ     2017年の山    2017.05.04へ

              ようこそしろうと山やの部屋トップ



        ② 2016.04.29 編

 足裏の鈍い痛み、違和感は足裏筋膜炎?、その他いろいろあって遠出できない日が続く。


 2016年04月29日のお山めぐりは古賀志のお山歩です。

 赤川ダム下駐車場から11時9分に出発、右を見れば今まで通行止めだった舗装路が解除されており、右上の北登山道はパスしてしばらくぶりに舗装路に入る。

 少し進んで左上にカーブする地点で右に未舗装作業路を登る。沢を挟んで反対側を真新しい作業路が登り、枯れ沢になるところで合流していた。左上は終点で合流点に戻り右上の北登山道へ登りあげる。

 ここからは左上でササバギンランはまだツボミだ。右に方向を変えてヤマツツジの尾根を過ぎて長倉山は11時48分の通過、いつものごとくやや左に下る。

 峠の舗装路を横断し、登りあげた伐採地の小ピークからは右に鞍掛槍から鞍掛山が大きい。次の小ピークで持参の折り畳みのマメ椅子に腰かけて、ランチ休憩とした。

 さて、北尾根には行かずに奥の鞍部から左下の舗装林道へ出て西進する。丁字路分岐を過ぎて左にカーブする地点から作業路を右へ、すぐに右上に明瞭な踏み跡を発見した。これがネット情報地図の破線路か?西方向に植林地の急登だった。

 左下からの作業路跡に出て右上へ、二又は左上を選ぶ。こちらもすぐに終点だが右上に登る薄い踏み跡というよりけもの道かな。岩尾根末端を右に巻いて大きな木に古びたテープが巻いてあった。辺りを見ると左上の岩尾根に向かって薄い踏み跡、木にテープがある。

 岩ゴロゴロの尾根に乗って右へ、ほどなく一本のロープが下がった3~4mの岩壁をよじ登る。(右から巻くことはできる。)

 岩尾根が終了するとミツバツツジの残り花を左右に見て急斜面の登りだが白のヒメイワカガミの残り花をデジカメに収める。今年もなんとか間に合ったようだ。

 三角山の山頂からは南に切り開けがあり、中尾根から古賀志山を見ることができる。今日は南西に下るのではなく、北を選ぶ。小さなピークを登り返した次の鞍部で左下へ下り、舗装路へ飛び出した。

 舗装路は左へ、去年の豪雨の崩壊地点は補修されていた。帰りの途中でトキワイカリソウを見る。橋を渡ってすぐ2人の男女はヤマミツバの採集だった。駐車場所には14時37分の到着だった。

 駐車場(0:39)長倉山(0:30)伐採ピーク(0:15)取り付き(0:36)三角山(0:12)舗装路(0:50)駐車場

 所要時間 3時間28分
 歩行時間 3時間02分

 チゴユリ、ヤマツツジ、ミツバツツジ、フモトスミレ、ホウチャクソウ、咲き始めのギンラン、予期していなかったトキワイカリソウを見た。遅くなったかヒメイワカガミ?と思ったらなんとか残り花に間に合った。

二枚岩から三角山
ここで右へ
ヤマツツジ
貫禄の名板
展望ピークで昼食
三角山は右へ
お縄場の岩壁
山頂から中尾根
北に日光連山
トキワイカリソウ
ヒメイワカガミ
      GPS軌跡図(カシミール3D使用)
   
 「この地図は、国土地理院長の承認を得て、同院発行の電子地形図(タイル)を複製したものである。(承認番号 平27情複、第236号)」

     ホーム     2016.04.26へ    2016.05.05へ